じゃばら花粉症効果

じゃばらと花粉症の効果



皆さんは花粉症対策をどのようにしておられますか?
現在では多くの方が花粉症に苦しんでいて、その症状は日常生活に影響を及ぼし、社会的な問題とまでなっています。

マスクや薬・・いろいろな対策がありますが、和歌山県北山村に昔から自生していた自然の柑橘類の「じゃばら」が、花粉症に効果があるという事が、平成20年9月に、岐阜大学の医学部より発表されて以来、注目を集めています。

その「じゃばら」の効果、飲み方などについてご紹介します。

じゃばらとは
和歌山県北山村だけに自生していた柑橘で、独特の香りと苦味が特徴な、ゆずとすだちの仲間です。

邪気を祓うという意味の名を持つ縁起物で、北山村のじゃばらには殆ど種が無い事が大きな特徴です。

昭和50年代、世界で類を見ない新種であることが判明し、村を過疎から守る産業として苗登録や規模を拡大しての生産に踏み切ったものの、知名度の低さや販路の狭さなどから、低迷の時期が続きました。

そんな中、じゃばらに注目が集まったのが花粉症に対する効果でした。



じゃばらの花粉症への効果が知られるようになったのは、
利用者からの声をきっかけに、じゃばらの花粉症に対する効果についてのモニター調査を実施し、それがマスコミにも取り上げられ、知名度が一気にアップしました。

さらに研究機関による学会発表から、じゃばらには、アレルギー抑制効果のある「フラボノイド」の成分(ナリルチンやナツダイダイン)が、他の柑橘に比べて非常に多く含まれている事も分かりました。

今では、インターネット通販を中心に、花粉症でお悩みの方、独特の味に魅了された方から全国的に人気を得るようになりました。





 
 
 
 
 









プライバシーポリシー
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。