じゃばら花粉症効果

手軽なじゃばら飴で花粉症を抑える♪

もっと手軽にじゃばらを試してみたいと思われる方には、 じゃばら飴 があります。

もちろんじゃばら飴は、 花粉症対策にも効果 があります♪

じゃばら飴は、インターネットで80g315円から販売されています。


じゃばら飴を食べた感想は、 花粉症の鼻水対策に良く効く天然ののど飴 という感じです。


程良い甘さが口にしやすく、じゃばら果汁そのものより、マイルドな味なんです。


じゃばらが初めての方には、じゃばら飴をまずオススメしたいですね♪


アタシは1日数個じゃばら飴をなめていますが、 花粉症の症状がとても楽 になりました。


常に持ち歩いてしょっちゅう食べています。


じゃばら飴の中にじゃばらのピールが入っていて、それが苦くもなく美味しくて、
けっこうハマってしまいます^^

じゃばら飴で花粉症対策で購入したのに、じゃばら飴の味もたいへん気に入ってしまいました。


じゃばらを使った製品には
他にも、それこそ天然の「じゃばら果実」や、「じゃばら蜂蜜漬け」「じゃばら酒」から「じゃばら雫」という羊羹まで販売されています。


思えば、じゃばらには美味しい上に花粉症に効くという効果まであるのです。


柑橘類だからジャムやママレードにもなって、何の不思議もありませんよね。


とても食べやすく、さわやかな味のじゃばら飴。

副作用無しの花粉症対策、一度試されてみてはいかがでしょうか?

 
 
 

じゃばら花粉症効果

花粉症に効くじゃばら果汁とその飲み方

じゃばらが花粉症に効果があるという事で、「ジャーナる!」(フジテレビ)や「メレンゲの気持ち」(日本テレビ)でも、じゃばらが紹介されました。
インターネットでは、じゃばら商品が大人気で注文が殺到しているそうです。

花粉症に効くじゃばら商品の一つのじゃばら果汁は、360mlが1,890円で販売されています。

じゃばらの果実をそのまま絞った100%果汁で、賞味期限は未開封で7ヶ月もちます。

じゃばらの飲み方は、基本として
○一日の量  5mlを朝晩2回
○期 間   20日程度
○飲み方   そのままでも、水で薄めてもかまいませんが、かなり酸味があるので、薄めた方が飲みやすいと思われます。

○飲み方のアレンジ
スタミナドリンクとして・・・
蜂蜜をお好みに合わせて水で割り、じゃばら果汁を入れればさわやかな味のスタミナドリンクになります。

酎ハイに・・・
焼酎にお好みでじゃばら果汁を入れ、炭酸水で割れば、じゃばら酎ハイになります。

焼き魚や魚のしめに・・・
サンマ、アジ、サバ、タイなど熱々の焼き魚にじゃばら果汁を数滴落とせば、甘味がグッと増します。

鍋物に・・・
ポン酢にじゃばら果汁を入れていただくと、独特の風味でお味が一層引き立ちます。

 
 
 
 
 

じゃばら花粉症効果

じゃばらの花粉症への効果

じゃばらの花粉症への効果について、
岐阜大学による今回の研究では、じゃばら果汁飲料で花粉症の症状及びそれに伴う集中力・判断力の低下、イライラ感、会話への支障といった生活に与える影響がどの程度改善されるかについても検討が行われました。


これを、QOL(Quality of Life⇒生活の質)と呼びます。


《じゃばらの花粉症への効果の調査内容》
○対象者:29歳から59歳の花粉症患者15名
○飲用する物:北山村のじゃばら果汁
○飲用量・期間:毎日5mlを朝夕2回、10ml/日

この条件で、じゃばら果汁飲用前後に花粉症の症状・QOLについて、質問に回答した結果

・鼻水
・くしゃみ
・鼻づまり
・鼻、目のかゆみ
・涙目

という花粉症の症状が全て改善した、というものでした。

さらに、QOLについても、

・仕事に支障
・気分が晴れない
・精神集中不良
・面談に不便
・疲れやすい
・運動に支障


などの、31項目中21項目について花粉症が改善されたという結果になりました。

しかも、薬とは違ってじゃばらは天然果汁のため、副作用など安全面において全く問題がありませんでした。


このようにして、「じゃばら」果汁の飲用は、花粉症の症状のみならず、QOLの改善にも有効との結論が得られたと報告されています。

 

じゃばら花粉症効果

じゃばらと花粉症の効果

皆さんは花粉症対策をどのようにしておられますか?
現在では多くの方が花粉症に苦しんでいて、その症状は日常生活に影響を及ぼし、社会的な問題とまでなっています。

マスクや薬・・いろいろな対策がありますが、和歌山県北山村に昔から自生していた自然の柑橘類の「じゃばら」が、花粉症に効果があるという事が、平成20年9月に、岐阜大学の医学部より発表されて以来、注目を集めています。

その「じゃばら」の効果、飲み方などについてご紹介します。

じゃばらとは
和歌山県北山村だけに自生していた柑橘で、独特の香りと苦味が特徴な、ゆずとすだちの仲間です。

邪気を祓うという意味の名を持つ縁起物で、北山村のじゃばらには殆ど種が無い事が大きな特徴です。

昭和50年代、世界で類を見ない新種であることが判明し、村を過疎から守る産業として苗登録や規模を拡大しての生産に踏み切ったものの、知名度の低さや販路の狭さなどから、低迷の時期が続きました。

そんな中、じゃばらに注目が集まったのが花粉症に対する効果でした。



じゃばらの花粉症への効果が知られるようになったのは、
利用者からの声をきっかけに、じゃばらの花粉症に対する効果についてのモニター調査を実施し、それがマスコミにも取り上げられ、知名度が一気にアップしました。

さらに研究機関による学会発表から、じゃばらには、アレルギー抑制効果のある「フラボノイド」の成分(ナリルチンやナツダイダイン)が、他の柑橘に比べて非常に多く含まれている事も分かりました。

今では、インターネット通販を中心に、花粉症でお悩みの方、独特の味に魅了された方から全国的に人気を得るようになりました。





 
 
 
 
 

プライバシーポリシー
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。